マーティン・スコセッシ監督の執念が産み出した『沈黙-サイレンス-』【管理人のグダグダ映画感想文】

沈黙-サイレンス-
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

沈黙-サイレンス-

(『沈黙-サイレンス-』より)

『沈黙-サイレンス-』(2016年、アメリカ)
監督:マーティン・スコセッシ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、リーアム・ニーソン、窪塚洋介、イッセー尾形、浅野忠信、塚本晋也、他

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教 (信仰を捨てる事)したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは 日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。

日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の 井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。そして次々と犠牲になる人々―

守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―
公式サイトより)

決して簡単な映画ではなかった

正直なところ、簡単な映画ではないと感じた。鑑賞後、考え続けた(ちなみに原作は未読)。宗教を扱った映画だからといって、抽象的、象徴的なシーンが繰り返されるわけでもなく、暴力描写を含めた直接的な表現も、会話の量は非常に多い。かといってすぐに正解を提示してくれる作品ではない。私も、これを書いている時点でも何か正解にたどり着いたわけでもないが、恐ろしく丁寧に作り込まれ、登場人物の絶命の叫びや美しい映像を見て大きなインパクトを感じつつ、そこに人間の心の奥底にある信じる心とそれが大きく揺らぐさまが到達する何かがそこにある気がしている。

スコセッシと信仰、そして「沈黙」

スコセッシ監督は、この『沈黙-SILENCE-』の公開前から遠藤周作の「沈黙」の映画化への思いを明らかにしており、公式サイトでも「読んだ瞬間にこの作品を映画化したいと思いました」「なぜ「沈黙」を映画にしたのか。それは私にとって、この作品が人間にとって本当に大切なものは何かを描いた作品だからです」と、その胸中が述べられている。

スコセッシ自身の人生から考えると、少年時代に神父を目指して神学校への入学し、中退したという一種の信仰への挫折を経験している。そして、映画監督という天職を得たが、キリストを大胆に描いた『最後の誘惑』(1988)では、猛烈な上映反対運動に遭うなど、常に信仰と向き合いながらも、それは壁や挫折と隣り合わせだっただろう。

それだけに、信仰とは何かという命題について問いかける小説「沈黙」と出会ってから28年の間構想をあたため、ようやく映画化したところにその執念が現れないはずがなかった。

執念の体現者として演じきったアンドリュー・ガーフィールド

その執念は動というよりは主に静として表された。もちろん激しい迫害のシーンを含む映画だが、初めから絶望しか予想できない展開の中、全体には静寂とも呼べるような落ち着きが漂っている。それはキリスト画や山と海に囲まれた長崎の自然、運命を受け入れる日本人キリシタン達にも現れるが、主役のロドリゴを演じたアンドリュー・ガーフィールドもそうだった。

この、激しい運命にさらされ続ける役どころは、約2時間40分の映画中かなりの出演率だと思うが、知的で、それでいて未熟で「傲慢」なエリート司祭が、異国という未知の世界にいきなり飛び込み混乱するさまを激しく、そして静かに演じた(もちろん「静かに」というのは私の見方だ)。手放しで称賛を送りたい演技だった。

もう一つ言及しておきたいのは、少々特異ながら重要な登場人物、キチジローを演じた窪塚洋介だ。ネタバレしたくないので詳しくは書かないが、独特のキャラクターに彼がよくマッチしていた。同時にかなり難しい役どころだったことも間違いないだろう。

歴史に対する現代の文化的アンサー

中世日本におけるキリスト教徒については、この物語の時期と前後して島原の乱が発生することもあり、表面上ほぼ絶滅という結末を迎える。そこにあった精神的な葛藤を描き出したのが遠藤周作の「沈黙」であり、スコッセッシの『沈黙-サイレンス-』と言えるだろう。キリスト教は海を越え来日し、その葛藤はまた海を越えアメリカで映画という文化によって一つのアンサーが成されるというのは興味深くもある。

信仰と縁遠いと言われる現代日本でもあるが、文化や風土を飛び越えた根源的な命題に触れられる映画なので、ぜひ劇場に足を運んでみてほしいと思う次第。

『沈黙-サイレンス-』予告編

関連記事
日常と非日常のコントラストに引き込まれる『この世界の片隅に』【管理人のグダグダ映画感想文】
マーティン・スコセッシ監督最新作『沈黙-サイレンス-』日本版予告編公開!劇場公開は1/21に。
猛烈な圧力を感じた李相日監督『怒り』【管理人のグダグダ映画感想文】
今年度のアカデミー賞下馬評ランキングTOP10が発表される

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です