『ムーンライト』『わたしは、ダニエル・ブレイク』など、2017年3月注目の新作映画&公開スケジュール

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

『ムーンライト』より

2017年3月公開の映画の中から、注目の新作を一部ピックアップ。先日、アカデミー賞作品賞を受賞した『ムーンライト』が繰り上げで3月31日に公開されることが決まったほか、2016年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したケン・ローチ監督『わたしは、ダニエル・ブレイク』が公開されるなど、注目作が目白押しだ。

まず、3月3日(金)には、異人種間の結婚が禁じられていた1950年代アメリカでの実在の夫婦の愛を描いた『ラビング 愛という名前のふたり』が公開。
同日、『オールド・ボーイ』『渇き』などで知られる韓国の鬼才パク・チャヌク監督の新作サスペンス『お嬢さん』が公開に。今作も世界中の映画賞で受賞やノミネートを受けており、期待の一作だ。日本ではR18+指定。

『お嬢さん』より

3月4日(土)には『ノー・マンズ・ランド』で2001年の映画界を席巻したダニス・タノヴィッチ監督が、パキスタンでの実際の事件を元に製作した『汚れたミルク あるセールスマンの告発』が公開。2014年の作品だがようやく日本公開となった。

3月10日(金)には『天国の日々』『ツリー・オブ・ライフ』のテレンス・マリック監督が宇宙の誕生と死について取り組んだ異色のドキュメンタリー『ボヤージュ・オブ・タイム』が公開。ナレーションをケイト・ブランシェットが担当する。

新作ではないが3月11日(土)に、2007年に亡くなった台湾の巨匠エドワード・ヤン監督の1991年の名作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』が25年ぶりにデジタルリマスター版で公開される。今や人気スター俳優となったチャン・チェンが主演を務めた一作だ。
また同日、文化庁委託事業「若手映画作家育成プロジェクト」(ndjc)の2016年度作品5本がTOHOシネマズ日本橋で公開される。若手映画監督の活躍に注目したい。3/18(土)から大阪・梅田でも公開される。

3月18日(土)には、2016年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを獲得した『わたしは、ダニエル・ブレイク』が公開される。ケン・ローチ監督にとっては『麦の穂をゆらす風』に続き2度目のパルムドールとなった今作も、イギリスの貧困と社会制度に向き合う、社会派ケン・ローチらしい作品となっているようだ。

わたしは、ダニエル・ブレイク

『わたしは、ダニエル・ブレイク』より

3月25日(土)には、再びダニス・タノヴィッチ監督の『サラエヴォの銃声』が公開。第一次世界大戦の引き金になったサラエボ事件から100年後の同じサラエボを舞台に、2016年のベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)と国際批評家連盟賞をW受賞した。
また同日、ミア・ハンセン=ラブ監督の『未来よ こんにちは』と、マイウェン監督の『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』というともにフランスの女優出身監督による2作が公開される。イザベル・ユペール主演の『未来よ こんにちは』は2016年のベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞、ヴァンサン・カッセルとエマニュエル・ベルコが主演する『モン・ロワ〜』は2015年のカンヌ国際映画祭で女優賞を受賞し、いずれも注目の実力作だ。

3月31日(金)には今年のアカデミー賞作品賞を受賞し、大きな話題を呼んだバリー・ジェンキンス監督の『ムーンライト』が公開に。当初4月28日に公開される予定だったが、アカデミー賞受賞を受けて急遽予定を繰り上げ、公開規模も拡大することとなった。
同日、パブロ・ラライン監督の『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』が公開に。ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ大統領夫人を演じる。『ブラックスワン』を監督したダーレン・アロノフスキーが製作を務めている。

以下、3月公開の注目新作の一覧。

2017年3月3日公開

作品名 監督名
ラビング 愛という名前のふたり ジェフ・ニコルズ
お嬢さん パク・チャヌク

2017年3月4日公開

作品名 監督名
汚れたミルク あるセールスマンの告発 ダニス・タノヴィッチ

2017年3月10日公開

作品名 監督名
ボヤージュ・オブ・タイム テレンス・マリック

2017年3月11日公開

作品名 監督名
牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 エドワード・ヤン
文化庁委託事業「若手映画作家育成プロジェクト」2016
・ジョニーの休日
・パンクしそうだ
・戦場へ、インターン
・白T
・SENIOR MAN
新谷寛行
目黒啓太
籔下雷太
金允洙
吉野主

2017年3月18日公開

作品名 監督名
わたしは、ダニエル・ブレイク ケン・ローチ

2017年3月25日公開

作品名 監督名
サラエヴォの銃声 ダニス・タノヴィッチ
未来よ こんにちは ミア・ハンセン=ラブ
モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 マイウェン

2017年3月31日公開

作品名 監督名
ムーンライト バリー・ジェンキンス
ジャッキー ファーストレディ 最後の使命 パブロ・ラライン

『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』予告編

関連記事
アカデミー賞作品賞はバリー・ジェンキンス監督『ムーンライト』に!
英紙ガーディアンが選ぶ2016年の映画1位は『アノマリサ』、米国版1位は『ムーンライト』に!
ケン・ローチ監督のカンヌ映画祭パルム・ドール受賞作『わたしは、ダニエル・ブレイク』が3月公開へ

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です