ギドク、レフン、スコセッシ、ムンジウ… 2017年1月公開の注目の新作映画【一覧あり】

ネオン・デーモン
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

2017年も明け、今月も日本国内での新作公開が目白押し。その中からほんの一部だけ注目の映画をピックアップします。

まず、1月7日(土)には、韓国の鬼才キム・ギドク監督の新作『The NET 網に囚われた男』と、『少林サッカー』などで知られる香港のチャウ・シンチー監督の新作コメディ『人魚姫』が公開される。

1月13日(金)には、2011年の『ドライヴ』で一躍注目を集めた若手デンマーク人監督ニコラス・ウィンディング・レフンの新作『ネオン・デーモン』が公開。エル・ファニングが主演を務め、ファッションモデルの闇を描く注目作。

ネオン・デーモン

映画『ネオン・デーモン』より

1月14日には中国のロウ・イエ監督の最新作『ブラインド・マッサージ』が公開。

1月21日(土)には、マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の小説を映画化した『沈黙 -サイレンス-』が満を持して公開。主演はアンドリュー・ガーフィールドで、米アカデミー賞にも期待が寄せられる力作だ。
また同日、ヌーヴェル・ヴァーグの精神を受け継ぎ、国際映画祭で数々の受賞経験もあるフランスのフィリップ・ガレル監督の新作『パリ、恋人たちの影』が公開される。

1月27日(金)にはオリヴァー・ストーン監督が主演にジョセフ・ゴードン=レヴィットを迎えた新作『スノーデン』が公開。

1月28日(土)には、『4ヶ月、3週と2日』でカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞経験もあるルーマニアのクリスティアン・ムンジウ監督の最新作『エリザのために』が公開される。こちらは2016年のカンヌ映画祭で監督賞を受賞した注目作となる。

2017年1月7日公開

作品名 監督名
The NET 網に囚われた男 キム・ギドク
人魚姫 チャウ・シンチー

2017年1月13日公開

作品名 監督名
ネオン・デーモン ニコラス・ウィンディング・レフン

2017年1月14日公開

作品名 監督名
ブラインド・マッサージ ロウ・イエ

2017年1月21日公開

作品名 監督名
沈黙 -サイレンス- マーティン・スコセッシ
パリ、恋人たちの影 フィリップ・ガレル

2017年1月27日公開

作品名 監督名
スノーデン オリヴァー・ストーン

2017年1月28日公開

作品名 監督名
エリザのために クリスティアン・ムンジウ

『エリザのために』予告編

関連記事
マーティン・スコセッシ監督最新作『沈黙-サイレンス-』日本版予告編公開!劇場公開は1/21に。
【動画あり】キム・ギドク監督が来日で新作について語る。新作は1月7日公開へ!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です