グザヴィエ・ドラン監督最新作『たかが世界の終わり』が2017年2月公開へ

『たかが世界の終わり』
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

『たかが世界の終わり』

『わたしはロランス』、『Mommy/マミー』などで、鮮烈な印象を残したカナダの新鋭、グザヴィエ・ドラン監督の最新作『たかが世界の終わり(原題:Juste la fin du monde)』が2017年2月11日に国内で公開されることが発表された。公式サイトや公式twitterもオープンしている。

この作品は、今年のカンヌ国際映画祭でグランプリを獲得。主演には『SAINT LAURENT/サンローラン』(2014)でイヴ・サン=ローラン役を演じたギャスパー・ウリエルをはじめ、レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤールなどフランスを代表する俳優による豪華な共演が話題を呼んでいる。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です