2017年のベルリン国際映画祭、審査員長はポール・ヴァーホーヴェンに決定

ポール・ヴァーホーヴェン
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

ポール・ヴァーホーヴェン

ポール・ヴァーホーヴェン監督

来年2月9日~19日に開催されるベルリン国際映画祭の審査員長がオランダの映画監督ポール・ヴァーホーヴェンに決定したことが発表された。

公式:17年のベルリン国際映画祭の審査員長はオランダの映画監督・脚本家のポール・ヴァーホーヴェンに決定しました。

ベルリン国際映画祭は三大国際映画祭の1つとされ、来年で67回目を数える。
ポール・ヴァーホーヴェン監督は、オランダ出身の78歳。80年代からハリウッドで活躍し、『ロボコップ』(1987)、『トータル・リコール』(1990)、『氷の微笑』(1992)などヒット作を連発した。その後ヨーロッパに活動の場を戻し、2016年はイザベル・ユペール主演のスリラー『Elle』をフランスで製作。第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にも選出されている。

『Elle』の予告編(英語)

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です